福祉事業

保健事業

組合員と被扶養者の方の健康増進をはかり、保健・衛生知識の向上などに役立ててもらうために、次のような事業を行っています。

ガン検診(消化器・婦人ガン)

ガンは早期発見が大切です。高知県総合保健協会のガン検診車を巡回させて組合員に受検してもらっています。

(注) 費用は全額共済組合が負担します。

短期人間ドック

組合員は人間ドック利用申込書(毎年3月に年1回募集)を共済組合に提出し、検診機関より送付された受診券を持って指定された日に受診してください。

(注)
  1. 料金表はこちらをクリック。
  2. 検診機関は高知検診クリニック・いずみの病院・仁淀病院・土佐市民病院・四万十市民病院・中村クリニック・高知県総合保健協会(中央健診センター・幡多健診センター)・高知西病院・須崎くろしお病院・JA高知病院JA高知健診センターです。

妊婦検診

組合員、被扶養者を対象とした妊娠中にかかる検診料の補助です。

(注) 請求書に医療機関の領収書(妊婦検診料として10割負担されたもの)を添付して共済組合に請求すると、助成金が10,000円以内で支給されます。

インフルエンザ及び日脳予防接種

組合員を対象に、市町村(所属所)が指定する医療機関で、職場単位で実施したワクチン料に対する助成です。

(注) 助成金額は、インフルエンザ予防接種を1人1回1,500円限度、日脳を実費とし、請求書に領収書及び受診者名簿を添付して共済組合に請求することによって助成されます。

成人病精密検査

高知県総合保健協会・勤労クリニック・仁淀病院・土佐市民病院・四万十市民病院・中村クリニック・大井田病院に検査の実施を委託しています。

(注) 40歳未満(35歳除く)の組合員について、委託内容全額を共済組合が負担します。

ソフトボール・バレーボール大会

組合員の体力向上と親睦を図るため、地区(県下7地区)予選を経て代表16チームを選出し、最終的に大会を開催します。

◎地区予選
  1. 対象範囲=組合員(互助会会員)
  2. 実施機関=県下7地区に分け開催地依頼
  3. 実施方法=依頼機関に委任
  4. 助成金=運営経費として、地区ごとの実施機関に相当額(予算範囲額)を助成します。
◎大会
  1. 出場チーム=各地区予選による代表
  2. 実施方法=高知県市町村職員球技大会実施要綱、要領による。
  3. 参加経費=大会に要する運営及び参加(ソフトボール、バレーボール共、監督を含め1チーム15名とする。)の車賃、宿泊料は共済組合が予算範囲内で負担します。

宿泊・保養施設の利用助成

組合員及び被扶養者(当組合で認定された者)は、下記の施設一覧表に掲げた宿泊・保養施設を利用できます。

宿泊施設

組合発行の施設利用助成券を提示すれば、利用料金の一部を1人1泊1,000円(1旅行につき7泊を限度とする)を助成します。

ただし、「高知共済会館」を利用した場合は1人1泊2,000円を助成します。

(注) どの施設でも公務出張が目的の場合は助成されません。

健康増進施設

組合員及び被扶養者が契約施設を利用した場合1人当たり施設利用料の半額(上限500円)を助成します。

高知共済会館

組合員(被扶養者は除く)が高知共済会館で1人5,000円以上の料理で会食した場合、1人当たり1,000円を助成します。

災害見舞金

災害見舞金の算定の基礎となった月数が2月以上の場合5万円、2月に満たない災害見舞金のうち災害救助法が適用される災害については3万円、それぞれ支給します(任意継続組合員を含む。)。

↑このページのトップへ

(c) Copyright 2007 高知県市町村職員共済組合 All Rights Reserved.
公式ホームページはこちら